専門薬剤師と認定薬剤師は違う?

専門薬剤師の転職TOP >> FAQ >> 専門薬剤師と認定薬剤師は違う?

専門薬剤師と認定薬剤師は違う?

認定薬剤師も専門薬剤師も、薬剤師として一定上の専門性を示す資格です。それでは、この2つの資格にはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの資格について同一視している事例も見られますが、そこには大きな違いがあるのです。 これら2つの資格での大きな違いとしては、認定薬剤師の上位版に当たるのが専門薬剤師と言うことです。

認定薬剤師は、特定分野について専門的な知識があると認められている薬剤師です。その資格を取得するためには、研修会やセミナーへ参加をして定められた単位を取得し、試験に合格をすることでなれます。これは認定をする団体や分野によって細かな違いがあり、一定以上の実務経験を求められる場合があります。

専門薬剤師は、認定薬剤師よりもさらに専門性を求められる資格です。まず前提条件として、認定薬剤師であることが受験資格となっており、一足飛びで専門薬剤師になることはできません。このことが、認定薬剤師の上位版と書いた理由です。またどの資格であっても実務経験が5年以上と定められており、資格自体も5年に一度の更新が必要になります。

医療技術の発展はめまぐるしく、5年も経つ頃にはそれまでになかった薬剤が数多く登場しています。それらに対応できる薬剤師としてのエキスパートであるためにも、資格を維持するための努力が求められているのです。

専門薬剤師の場合、その種類は認定薬剤師よりも少ないという特徴があります。認定薬剤師としての先にある資格ですが、分野によっては認定薬剤師以上の資格が存在しないケースもあるのです。ただし、専門薬剤師の種類も少しずつ増えているため、今後もほかの分野で新たな専門薬剤師としての資格が登場する可能性は十分にあります。優れた専門性があることを証明するものとはいえ、まだまだ発展途上な資格という一面もあるのです。

薬剤師としての働き方は様々で、認定薬剤師も専門薬剤師も、必ず取得しなければならないものではありません。しかし、その医療分野におけるエキスパートになりたいのであれば、目指す価値のある資格です。

資格として上位のものになるほど、その資格を持つ人に対する期待や責任も重くなります。必ずしも努力に見合った結果が出るとも限らない一面があるため、どこまでを目標にキャリアアップをしていくのかを考える必要もあります。薬剤師という職業の発展を考えれば、資格を取得した薬剤師の活躍は必要ですが、自身のライフスタイルやキャリアプランに合わせて何が必要なのかについて考えていきましょう。

専門薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 専門薬剤師求人.com All Rights Reserved.