専門薬剤師になるメリットは?

専門薬剤師の転職TOP >> FAQ >> 専門薬剤師になるメリットは?

専門薬剤師になるメリットは?

専門薬剤師になるための条件は厳しく、そう簡単になれるものではありません。単純に薬剤師としてのキャリアを積むだけではなく、学会への参加や論文の執筆、ほかには所属病院や施設責任者からの推薦も必要になるためです。これだけの条件を満たして専門薬剤師になれたのであれば、達成感もかなりのものになりますが、具体的にはどのようメリットがあるのでしょうか。

専門薬剤師としての資格を取得することによって、薬物療法のスペシャリストとして働くことができるようになります。薬剤師としての業務だけではなく、一般的な薬剤師の指導や監督まで実践する立場になるため、責任のある仕事を任せられるようになります。

薬剤師の場合、医療の現場ではどうしても立場が低くなりがちです。担当する分野が異なるから仕方のないことではあるのですが、専門薬剤師になるとほかの医療スタッフと対等に仕事ができるようになるのです。自信の専門分野で医師などのスタッフに提言できる立場になれることは、大きなメリットになります。もちろん、それができるだけの知識や経験があるからこそ認められているのですが、それを実現する資格があるのとないのとでは大きな違いがあります。

一般の薬剤師に比べると、専門薬剤師は責任のある立場として仕事をすることになります。そのため、仕事内容などを考慮して年収アップにつながることもあり、職場によっては専門薬剤師のための手当が用意されていることもあります。手当についてはどこの職場でも出るというものではありませんが、これから増えていく可能性が高く、専門薬剤師そのもの重要性が高まっているのです。

しかし、注意しなければならないこととして、このメリットが発生するのかどうかは、職場によって本当に変わってくる点です。病院などの医療機関で働く場合、専門薬剤師になったから明確に年収が増えなかったというケースもあり、製薬会社では新薬の開発に携わることができるようになったため、年収が大きく向上した例もあるのです。もちろん、企業に勤める専門薬剤師といっても、その専門性がマッチしていなければまったく評価されないこともあるので注意してください。

専門薬剤師の資格を得る最大のメリットは、キャリアアップができるところです。これまで一般の薬剤師として働き続けているだけでは開けなかった道が、専門薬剤師になってから開けたというケースはたくさんあります。研究をしたい、スペシャリストになりたい、年収をアップさせたいなど、専門薬剤師を志望する理由は人それぞれですが、そのメリットがある職場なのかどうかも確認するようにしましょう。

専門薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 専門薬剤師求人.com All Rights Reserved.