専門薬剤師の種類は?

専門薬剤師の転職TOP >> FAQ >> 専門薬剤師の種類は?

専門薬剤師の種類は?

医療には様々な分野があり、それぞれ専門知識が求められるものです。そしてその知識は薬剤師の場合にも同じことが言えるのですが、それぞれの分野に対応した専門薬剤師の資格があるわけではありません。それでは、実際にどのような種類があるのかをチェックしてみましょう。 がん専門薬剤師は、がん薬物治療に対するエキスパートのことです。専門薬剤師の資格としては最初に登場したものであり、質の高いがん薬物治療を実現することが目的となっています。

精神科専門薬剤師は、患者の薬物治療に携わることで、社会復帰のために貢献することができる薬剤師の資格です。単純に薬剤師としての知識や経験だけではなく、患者とのコミュニケーション能力なども重視されています。 HIV感染症専門薬剤師は、日々進歩する抗HIV薬に対して、正しい知識を有すると証明できる資格です。以前は死に至る病と言われていたHIVは、今やコントロールのできる慢性疾患となっています。その治療を実現するための能力が求められます。

妊婦・授乳婦専門薬剤師は、薬物の影響を受けやすい妊婦や授乳婦、さらには胎児や哺乳児への薬物療法に必要な知識を取得した薬剤師のことです。治療のために薬物を摂取する必要がある妊婦や授乳婦からの相談を受け、正しい情報で回答できる能力が求められる資格です。 感染制御専門薬剤師は、消毒薬や抗生物質の専門家としての知識が求められる資格です。病院における感染症の治療や予防を行うための高度な知識があり、医師単独での治療よりもレベルの高い治療の提供が可能になります。

栄養サポート専門薬剤師は、その名の通り栄養サポートの専門家として治療における栄養療法を担っています。栄養療法自体は、あらゆる治療の根幹にあるものであり、その重要性から高い知識が求められます。 腎臓病薬物療法専門薬剤師は、透析や腎移植を含めた腎臓病の診療における薬物治療のエキスパートです。腎障害を持った患者には高齢者が多く、元々の体力が低いことから投薬治療が困難な場合もあります。そのような状況であっても適切な治療をできるようにサポートをできるだけの知識が求められている資格です。

専門薬剤師の資格自体はこれ以外にもあり、それぞれの分野でより高い専門性を持った薬剤師が求められています。それぞれの専門分野の発展に貢献することや、その分野でのスペシャリストになりたい人にとっても必要な資格となるので、薬剤師して大成するなら必須とも言えるものなのです。

専門薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 専門薬剤師求人.com All Rights Reserved.