専門薬剤師の難易度は?

専門薬剤師の転職TOP >> FAQ >> 専門薬剤師の難易度は?

専門薬剤師の難易度は?

薬剤師としてのキャリアアップをする場合、認定薬剤師や専門薬剤師の資格を取得する方法があります。その中でも専門薬剤師は、認定薬剤師よりも上位の資格に位置づけられており、簡単に取得できるものではありません。それでは、その難易度はどのようなものなのでしょうか。 専門薬剤師の資格を取得するための条件は、その種類によって細かな違いはあります。しかし、共通しているものとして、医療現場と密接に連携している分野というものがあります。そして、その中で実務経験を始め多くの条件をクリアする必要があるのです。

例えば感染制御専門薬剤師の場合は、定められている学会での発表を所定回数満たしており、学術論文を提出していることが条件となっています。この条件を満たすためには、ただ薬剤師として仕事をしているだけではなく、研究活動に力を入れなければなりません。

また、専門薬剤師の一つ前の段階である認定薬剤師になるためには、病院などの施設で感染制御活動に従事している必要があるなど、その薬剤師がどこで働いているのかによっては条件を満たすことができない部分もあります。これらの条件を満たすためには、企業勤めの薬剤師だと難しいです。薬局勤務でもなく、病院薬剤師としてスタートすることが、最低限の条件と考えてください。

専門薬剤師になるための条件を満たすためには、職場がそのことに対して理解があるのかも重要です。薬剤師としての仕事をするだけではなく、研究活動も行う必要があり、そのためのサポート体制が整っているのかどうかで難易度は大きく変わります。自分でなんとか時間を捻出して行う研究と、専門薬剤師になるためにしっかりサポートをしてくれる中での研究とでは、成果を出せるようになるための難易度が大違いになるからです。 薬剤師のキャリアアップにおいては、必ずと言って良いほど名前が出てくる専門薬剤師ですが、その資格を取得することは簡単にできるものではありません。しかし、これだけの条件を満たして専門薬剤師になれたなら、それだけでその人がどれだけ優れた薬剤師なのかを直接証明するものになるのです。

これから専門薬剤師としての道を選ぼうとしているなら、その資格を取得するために適した環境なのかどうかから考えていきましょう。しっかりとサポートしてもらえても必ずなれるとは限らないくらい難易度が高いものなのですから、少しでも自分に有利な条件で勉強をできるようにすることが必要です。

専門薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 専門薬剤師求人.com All Rights Reserved.