精神科の専門薬剤師の求人

専門薬剤師の転職TOP >> 条件別の専門薬剤師の求人> >> 精神科

精神科の専門薬剤師の求人

病院の薬剤師の就業先と言えば、内科や外科が多いものですが、最近は精神科で働きたいと希望する薬剤師も多いようです。ストレス社会と言われている今は、精神科での診療を受けることに抵抗を感じなくなっています。精神科は薬物治療が主になる診療科です。そのため薬剤師が果たす役割は大きいと言えるでしょう。精神科での薬剤師の仕事は患者に合わせた薬物治療法の提案をすること、副作用の予測と副作用が出た時の解決法の提案というように、薬剤に関する提案を行います。そして患者さんと直接話し、薬物療法についてや副作用の有無と解決方法を考えていきます。精神科の場合は、回復していることが血液検査などで数値としてあらわれたりしないのでわかりにくいものです。そのため、治療のための薬の選択や投与量は医師の診断や患者さんの考えで決まってきます。薬剤師は医師と患者さんと上手にコミュニケーションを取り、患者さんそれぞれが適切な薬物治療がされているかを判断する役割もあるのです。

薬剤師が精神科で働く上で必要なスキルは、薬物療法の知識、精神疾患についての知識、カウンセリング能力やモニタリング能力です。精神疾患は病名がついたとしても患者さんそれぞれで症状の出方が様々です。精神疾患について十分な知識がないと、薬物療法の提案ができません。精神科専門薬剤師の人なら知識は十分あるでしょうが、一般の薬剤師の場合、どうしても内科の疾患の知識の方が勝っています。精神科で働きたいのなら、事前に知識を身につけておきましょう。また、患者さんの観察を行い、薬物療法による病状の変化を読み取って適切な判断ができる能力が必要となります。

精神科での薬剤師の求人ですが、これからもっと増えてくる可能性があります。ストレスが多い現代社会で働く人たちは精神的に疲れている人が多く、精神科へかかる人も増えてくると考えられるからです。また、高齢化によって認知症や老年期うつ病も増えており、精神科薬剤師の需要は増えてくるでしょう。特に、精神科専門薬剤師という資格があれば、精神科へ転職するのもスムーズにできるはずです。精神科薬剤師として働こうと考えているなら、精神科の病院、総合病院の精神科、老年精神科の病院、急性期、救急型の精神科病院、精神科のクリニックなどの求人情報を探してみると良いでしょう。求人が増えてくると言っても、調剤薬局などと比べるとまだ少ない方です。精神科で働くことにこだわるなら、各病院のホームページなどで求人が出ていないか確認してみましょう。

専門薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 専門薬剤師求人.com All Rights Reserved.