薬局勤務の専門薬剤師の求人

専門薬剤師の転職TOP >> 条件別の専門薬剤師の求人> >> 薬局勤務

薬局勤務の専門薬剤師の求人

薬局やドラッグストアが増え、薬剤師を常駐させるお店は増えてきています。ドラッグストアに買い物に行った時、薬剤師というネームプレートをつけている人がいると安心するものです。薬のことで気になることは質問できますし、服薬の方法についてもアドバイスがもらえます。薬局での薬剤師の仕事は、処方箋に応じた薬剤の処方です。他の仕事は薬の在庫管理や薬を一包ずつにすること、医師から出された処方箋に対して疑問に思ったことや不明な点がある時に医師へ連絡して確認することなどがあります。薬剤の処方が本当に合っているか、チェックするのも重要な仕事ですし、薬局によっては薬を個人宅や施設に届けることもあります。薬局の窓口で薬を渡しているだけではなく、いろんな仕事を行います。

薬局で働きたいと求人情報を見てみると、薬局での求人はたくさんあります。薬局の数も多いですし、それだけ人手不足となっているからです。薬局勤務のメリットは、残業もあまりなくプライベートの時間がしっかり確保できることが挙げられます。医療機関のすぐ近くにある薬局だと、その医療機関と休みを合わせることも可能です。

土日が休みのところもあれば、水、日が休みとか、木、日が休みとなっていますので、自分の希望に合わせて選ぶことができます。比較的女性が多い職場なので、女性は働きやすいと言われています。出産で一時的に薬剤師を離れたけれど、また復帰したいという場合でも戻りやすいです。育児休暇も取りやすい環境ですから、女性にとっては良い職場と言えます。一方デメリットは、時間帯によって混み合うことがあり、長く待たせることでクレームを受けることがあります。薬の調剤は間違うわけにいかないので、極端に急ぐこともできませんからある程度は仕方がありません。常に集中力が必要な職場だと言えます。

専門薬剤師が薬局で働くことがあまりないため、薬局の求人は専門薬剤師より一般の薬剤師の方が多いです。総合病院の処方箋を取り扱う薬局であっても、病院にあるすべての薬剤があるわけではないので専門的なことはあまり必要ないかもしれません。専門薬剤師であっても、薬局で働くとなると一般の薬剤師と同じ仕事をする可能性が高いです。一方で薬局やドラッグストアで働く一般の薬剤師は、研修認定薬剤師を目指すことが可能です。セミナー参加やeラーニング研修を受ければ取得できる資格です。認定薬剤師のさらに上の資格が専門薬剤師となりますから、薬局はどちらかと言えばスキルアップをするための場所と考えた方が良いでしょう。

専門薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 専門薬剤師求人.com All Rights Reserved.