激務でない専門薬剤師の求人

専門薬剤師の転職TOP >> 条件別の専門薬剤師の求人> >> 激務でない

激務でない専門薬剤師の求人

若いうちは少々無理をしても体力的にも精神的にも特に問題はないかもしれませんが、年齢を重ねてくると、仕事が忙しくて残業が続くと体力的、精神的にも辛くなります。薬剤師は仕事でミスが起こると大変なことになるので、高いレベルの仕事が求められる現場では仕事に影響してしまいます。できれば体に負担がかからないような、激務でないところで働きたいと考えている薬剤師はたくさんいるはずです。激務ではない場所というのは、大学病院での勤務です。大学病院で働く薬剤師は、いろんな分野での業務を担当しています。一般の病院で働く薬剤師の場合、調剤や投薬管理、病棟勤務をすべて一人で行うことが多いですが、大学病院では調剤担当と病棟勤務とは部門で分けられており、それぞれに担当の薬剤師が付くようになっています。

基本的に大学病院は患者数も多いですし、薬剤師も激務となることが多いのですが、大きな病院ほど職員の働く環境の見直しに取り組んでおり、残業を少なめにするとか、夜勤の回数を減らす、休日出勤を減らす、毎日の業務を余裕のある人数で回すようにするなどを行ってきています。このような環境であれば毎日の業務が余裕を持って進められ、常に全力で働くことができます。また、家庭のある人にとっては、仕事と家庭が両立しやすくなるのでこのような激務でない大学病院の薬剤師は人気があります。働く女性も増えましたので、家庭と仕事の両立がしやすい職場は大変魅力的です。

専門薬剤師として働く場合、資格によっては24時間体制で働かなければならないものもありますが、夜勤は免除してもらうとか、残業はできるだけ少なくしてもらうことは職場によって可能です。激務過ぎて辞められては病院側も困りますから、働く環境の改善は急ピッチで進められています。大学病院などの大きな病院では、いろんな症例を扱うので高度で専門的なスキルが身につけられます。専門薬剤師はもちろんですが、これから専門薬剤師、認定薬剤師になろうと考えている人も、大学病院で働くことをおすすめします。人気がある求人のため、募集があってもすぐに締め切りとなる可能性がありますから、こまめに求人情報はチェックするように心がけましょう。働きたいと思っている大学病院があれば、その病院のホームページで求人が出ないかチェックしておくと良いでしょう。日々の業務から専門的なことが学べますから、大規模な大学病院の薬剤師はおすすめできます。

専門薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 専門薬剤師求人.com All Rights Reserved.