病院勤務の専門薬剤師の求人

専門薬剤師の転職TOP >> 条件別の専門薬剤師の求人> >> 病院勤務

病院勤務の専門薬剤師の求人

薬剤師の中には、一般の薬剤師の他に専門薬剤師と認定薬剤師があります。専門看護師というのは、特定の分野で専門的な技術と知識を持つと認められた人を指します。この資格を取得するには、一定の基準を満たしていることと、試験や審査に合格しなければいけません。薬剤師なら誰でも簡単に専門薬剤師になれるものではなく、簡単には取得できません。しかし、取得すれば専門領域でエキスパートと認められるのです。専門薬剤師になるための条件は、薬剤師免許を持っていること、薬剤師としての実務経験が5年以上ある人、専門領域で3年以上従事していることなどがあります。条件は厳しいですが、それだけ価値のある資格なのです。

こういった専門的な資格を持っていると、就職や転職には有利になります。総合病院では様々な疾患の患者さんがいますので、専門的な対応も求められます。専門薬剤師には、がん専門薬剤師、精神科専門薬剤師、妊婦、授乳婦専門薬剤師、HIV感染症専門薬剤師、感染制御専門薬剤師があり、それぞれ活躍できる場があります。がん専門薬剤師なら、病院でがんの薬物治療を行う時に医師や看護師とチームになって患者さんが安全に治療を受けられるよう、薬の調整をします。がんの専門病院や高度医療を行う病院での求人があるでしょう。精神科専門薬剤師は総合病院の精神科や精神科専門病院での求人があります。

精神科医療に精通した薬剤師は、必要性を増すばかりですから活躍する場所はどんどん増えていくことでしょう。妊婦、授乳婦専門薬剤師は妊婦や授乳婦に薬物治療が必要となった時に薬の安全性や有効性を確保して必要な薬物指導をします。HIV感染症専門薬剤師はHIV患者とコミュニケーションを取り、服薬指導を行います。また、感染予防に取り組むことも課題とされています。感染制御専門薬剤師は病院で使われる消毒薬や抗菌剤の適正使用や院内感染の衛生管理を行います。深い知識を持っていないとできない仕事なので、やりがいを感じられます。

専門薬剤師の資格を活かして仕事をするのであれば、総合病院や専門病院で働く方が良いです。求人も薬局よりも病院の方が多いです。総合病院や専門病院は、比較的大きな都市にありますから求人を探すのであれば地方よりも都市部の方が見つけやすいでしょう。ただし、病院数が多くても必ずしも専門薬剤師の求人があるとは限らないので、求人情報はこまめにチェックしておくと良いです。求人があればすぐに応募するようにしましょう。

専門薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 専門薬剤師求人.com All Rights Reserved.