在宅医療の専門薬剤師の求人

専門薬剤師の転職TOP >> 条件別の専門薬剤師の求人> >> 在宅医療

在宅医療の専門薬剤師の求人

高齢化が進んだことや、様々な事情で在宅医療を選択する人も増えてきました。在宅医療では、定期的に医師や看護師が訪問して医療行為を行いますが、薬剤師も在宅医療に関わる仕事があります。薬剤師の求人で、調剤薬局などが「在宅業務あり」といった内容で募集をしていることがあります。この在宅業務というのは薬剤師が在宅医療の患者さんのところへ出向き、薬剤管理や服薬指導を行うことを言います。患者さんの自宅の他に、施設に入所されている人のところへ出向くのも在宅業務とされています。

薬剤師の在宅医療に関する仕事は、医薬品の調剤とお届け、医薬品の管理と服薬指導、患者さんからの相談に対応すること、医師やケアマネージャーとの連携があります。医薬品の調剤とお届けは、医師の処方箋に基づいて調剤を行い、患者さんの自宅や施設へ届けることです。医薬品の管理と服薬指導は薬を届けた際、患者さんが安全に服薬できるように薬の飲み方をアドバイスしたり、薬の効果や副作用の説明をします。そして残薬のチェックと服用状況の確認を行います。患者さんやそのご家族から薬のことで相談されたらそれに対応するのも仕事です。患者さんを担当している医師やケアマネージャーとは連携をとって、薬剤師の立場から担当医に対して最適な薬の処方の提案をします。ケアマネージャーとは薬に関するアドバイスを行います。ただ薬を届けるだけでなく、患者さんやその家族が安心して療養できるように配慮する仕事です。

在宅医療に関する薬剤師の求人ですが、これは調剤薬局からの求人が一番多く、次いで調剤を併設しているドラッグストアになります。病院や企業からの求人は在宅業務ではあまりありません。また、在宅業務のある調剤薬局でも、ほとんどを在宅業務にして調剤や販売をほんの少しにしているところや、ちょうど半々の割合にしているところ、在宅業務は1割程度で9割は調剤や販売としているところがありますので、応募する時は確認するようにしましょう。在宅業務を希望するなら、それを中心に行っている薬局へ応募しましょう。在宅医療では、がん患者の方もたくさんおられます。そんな場合はがん専門薬剤師というような専門薬剤師の資格があると適切な判断ができるので役立てるでしょう。在宅医療に関する薬剤師は、都市部よりも地方の方が年収が高いという特徴があります。給与が高い方が良いなら、地方の求人を探してみると良いでしょう。

専門薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 専門薬剤師求人.com All Rights Reserved.