救急の専門薬剤師の求人

専門薬剤師の転職TOP >> 条件別の専門薬剤師の求人> >> 救急

救急の専門薬剤師の求人

薬剤師というと、病院なら薬局にいる人と思われがちですが、病院の中でもいろんな部門で活躍する場があります。特に専門看護師だと、専門医療の場ではなくてはならない存在と言えるでしょう。病院の救急部門でも、薬剤師が活躍する場があります。救命救急センターでは、医師や看護師、薬剤師、臨床工学技士、放射線技師などがチームを組み、24時間体制で患者さんの対応をしていきます。救命救急センターに運び込まれてくる人のほとんどが重症患者ですから気が抜けません。薬剤師ももちろん24時間体制で勤務をします。

救急で勤務する薬剤師はどんな仕事をするのでしょう。ある救命救急センターの例を挙げてみると、毎朝行われるカンファレンスに参加し、入院患者さんに使っている薬の副作用の有無の報告や処方計画を行います。その後は補充注射液の調整や、医薬品の在庫確認などを行います。これらは日常業務なのですが、その業務の合間に救急搬送されてきた患者さんがいれば他のスタッフと共に患者さんが運び込まれる初療室へ行きます。初療室では、運び込まれる患者さんの状況が無線などで入ってきますからそれによって必要な医薬品を揃えておきます。例えば、何かの急性中毒らしいという情報が入れば、中毒の原因物質を特定するために定性試験を行います。

原因物質がわかればそれを医師に提供します。初めから何の中毒かがわかっているなら、その対処法を考えます。心臓疾患なら抗不整脈薬や血管拡張薬などを準備するのです。救急の場合、その場で緊急手術が行われることがあります。ここでは、使う医薬品を準備し、医師の指示に従って治療に加わることもあります。それから患者さんはICUやCCUに移されるのですが、注射の処方箋が出たらそれにしたがい注射液を準備します。その他には、処方箋に書かれた医薬品の記載漏れなどがないかチェックし、医事課へ回します。

このように、救急では一般の病院で行う薬剤師の業務とかなり違うことを行うため、魅力的な場所でもあります。取り扱う医薬品の種類も量もかなり多いですし、患者さんによっては適応外の薬を使うこともあります。そんな場に薬剤師がいると、安全性や医療の質の向上になります。専門薬剤師ならなおさらです。救急部門の薬剤師の求人はあまり多くありませんが、病院が薬剤師を募集していたら、救急部門での募集かどうかを確認してみると良いでしょう。専門薬剤師の資格があれば、採用予定がなくても採用としてくれる可能性があります。

専門薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 専門薬剤師求人.com All Rights Reserved.