専門薬剤師求人.com

専門薬剤師の転職はハードルが高い?

今後のキャリアアップを見据えて、さらに知識や経験を重ねて専門薬剤師を目指す薬剤師さんは少なくありません。では、日常の業務をこなしながら効率的に転職を成功させるのはどうすればよいでしょう。

一番の近道はやはり転職サイトの利用でしょう。リクナビ薬剤師には専門薬剤師の非公開求人ももちろんしっかりカバーされていますし、ここでしか得られないアドバイスや転職に必要なサポート体制もバッチリなので、転職を考えたらまず登録しておいて損はないでしょう。

専門薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクナビ薬剤師はリクルートが運営する薬剤師の求人サイトです。薬剤師を専門に扱っており、正社員、アルバイト、パートが探せます。このサイトを利用して転職したという人が多く、高い評判と転職実績が自慢です。調剤薬局併用ドラッグストアの求人数は業界1位と評判になっています。転職支援実績がトップクラスのリクルートのキャリアアドバイザーに相談しながら自分に合った職場を探しましょう。専門薬剤師の資格があれば年収アップも期待できます。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファルマスタッフは調剤薬局業界2位の日本調剤のグループ会社が運営するサイトです。薬剤師の求人、転職、派遣の仕事を探すことができ、高収入の薬剤師求人を持つのもファルマスタッフです。時給4,000円という高額派遣求人も取り扱っており、高収入を目指す人にはおすすめのサイトです。専門薬剤師だと、時給アップ交渉が可能になるかもしれません。キャリアコンサルタントは、1社ずつ訪問して職場の環境をチェックしています。職場のメリット、デメリットをそのまま伝えてくれるので、安心して応募することができると評判です。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
エムスリー(薬キャリ)は、ソニーの関係会社であるエムスリーが運営する薬剤師転職支援のサイトです。医療従事者に向けてのサービスを行っているので、病院や医療施設での知名度は高いです。全国で約4万件の薬剤師求人情報を取り扱う、日本最大級の薬剤師転職サイトです。病院とのつながりが強いので、この業界のいろんな情報も多く持っているため、専門薬剤師の求人の有無の情報についてもいち早く集めてくれます。自分に合った求人を探せるサイトです。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師転職支援サイトで利用者満足度が高いと言われているマイナビ薬剤師は、リクルートと並ぶ大手のマイナビグループが運営しています。満足度が高い理由は、担当者が直接会って話す面談にこだわっており、親身になって相談に応じてくれます。薬剤師専門のアドバイザーがいるため、年収の交渉なども行ってくれます。専門薬剤師であれば、好条件の求人を紹介してくれるのは間違いありません。

薬剤師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師転職ドットコムを運営しているのは、医療従事者専門の人材紹介会社のメディウェルです。ウェブ上に載っていない非公開求人や求人票に載せない裏の情報などにも強く、今まで良い転職先が見つからなかった人に希望に合った求人を探し、紹介してくれます。専門薬剤師の資格を活かして働きたいという希望を伝えれば、コンサルタントはきっとその希望を叶えてくれます。

専門薬剤師とは?

薬に関するスペシャリストである薬剤師ですが、医学や薬学も日々発展しているため、さらなる専門知識が求められています。それぞれの専門分野では、さらに新たな薬剤が登場しており、ただ広い知識だけではなく最新の薬剤にもすぐに対応できる柔軟性も必要です。このような経緯があって誕生したのが、専門薬剤師になります。 専門薬剤師は、各専門分野における医療の知識や高度な薬物治療の知識を持ったエキスパートです。その知識をしっかりと医療スタッフに伝え、より効果的で安全な治療を患者へ行えるようにサポートする形で、医療の現場を支えています。

代表的な専門薬剤師としては5つの種類があります。がん専門薬剤師や精神科専門薬剤師をはじめ、HIV感染症専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師、また感染制御専門薬剤師です。それぞれの分野の傾向からも、高度な知識や専門性が求められるものだとわかります。 この5つは日本病院薬剤師会で認定しているものですが、ほかにもさまざまな学会や団体で認定している薬剤師の資格もあります。専門と認定では異なる印象を受けるかもしれませんが、どちらもその薬剤師に確かな知識と経験があることを前提としたものです。

専門薬剤師として認定されるためには、いくつもの条件をクリアする必要があります。まず、一定期間の薬剤師歴があること、そして該当する専門領域で数年の活動を行っていること、ほかにも研修の受講や一定以上の症例に関わった経験があることなどです。これらの条件を満たした上で、学術論文の執筆や学会での発表を既定回数満たし、認定試験に合格することで専門薬剤師になれます。 これだけの条件をクリアすることは、そう簡単にできるものではありません。しかし、それをクリアして資格を取得しているからこそ、その薬剤師はまさしくエキスパートであるという証明にもなるのです。

薬剤師になること自体は、資格を取得して就職をすれば可能です。もちろん、日々働いている中で、次々と登場する薬剤に対応できるように勉強は欠かせません。しかし、それだけではなく、そこから各種専門分野の勉強や研究をしていくことで、専門薬剤師になれます。 実際に薬剤師として活躍をしている人なら、その大変さは身に染みてわかることかもしれませんが、医療の現場に欠かせない薬剤として確固たる地位を築くためには、このような方法があることを覚えておいてください。簡単になれるものではありませんが、それだけに資格取得による達成感は大きく、薬剤師としてさらなるキャリアを積み重ねられるようになるものです。

専門薬剤師の転職成功のコツは?

専門薬剤師になるためには、高度な知識と各分野での経験が求められます。そのため、一般の薬剤師が専門薬剤師になることは簡単なものではありません。これにより、就職活動を行う際も有利なことに違いはないのですが、近年は専門薬剤師だけではなく認定薬剤師の数も多くなっており、資格を取得していること自体のアドバンテージが薄れてきていることも確かです。そのため、自分が持つ知識や経験を、いかにアピールするのかが転職活動でのポイントになります。

薬剤師にも、さまざまな働き方があります。その中でも高度な知識と豊富な経験を持つ薬剤師が求められる職場を見つける必要があります。転職を成功させるといっても、単純に今よりも良い職場という意味だけではなく、自分自身がこれまで以上に成長できる現場を求めていることを条件としている人がいます。まずは、自分が転職にどのようなものを求めているのかを、しっかりと自覚するようにしましょう。

現在の職場に不満を覚えている人の場合は、職場での人間関係や、自分が正しく評価されていないなどが主な理由となっています。もちろん、それ以外にも様々な理由で転職を希望している人はいますが、それぞれの理由が曖昧なままでは説得力に欠けます。現在の環境からの逃避としか見られていないようでは、転職活動がうまくいかないこともあるのです。

単純に能力が優れているからだけではなく、どうしてそこで働きたいのか。その職場には何があるから、転職をしようと決めたのかなど、明確な理由を説明できるようになりましょう。専門薬剤師としての資格があるからほかの薬剤師と比べても有利なはずと安心している人もいますが、それだけで成功できるほど転職活動は簡単なものではないのです。

薬剤師の数は多くなっており、以前に比べるとなかなか転職が上手くいかないこともあります。また、専門薬剤師であることは大きなポイントになりますが、逆にそこまでは求めていないからと断られてしまうこともあります。資格を取得しているのであれば、その分を優遇するとはいえ、実際にその現場でそこまで高度な知識が求められなければ、余計にコストがかかってしまうと考えられてしまうからです。

薬剤師の資格を生かす働き方にも、様々なものがあります。その中で、自分を本当に活かせるのはどこなのか、その知識や経験を求めているのはどのような職場なのかについても考えるようにしてください。極端な言い方をすれば、就職活動も需要と供給のバランスが重要になります。そのことを意識して、双方にメリットがある形で転職をできるように意識しましょう。


Copyright (C) 2018 専門薬剤師求人.com All Rights Reserved.